API リファレンス

Vuex.Store

import Vuex from 'vuex'

const store = new Vuex.Store({ ...options })

Vuex.Store コンストラクタオプション

state

  • 型: Object | Function

    ストアのための ルートステートオブジェクトです。詳細

    オブジェクトを返す関数を渡す場合、返されたオブジェクトはルートステートとして使用されます。これは特にモジュールの再利用のためにステートオブジェクトを再利用する場合に便利です。詳細

mutations

  • 型: { [type: string]: Function }

    ストアにミューテーションを登録します。ハンドラ関数は第一引数に state を常に受け取り(モジュール内で定義されていれば、モジュールのローカルステートを受け取り)、指定されていれば第二引数に payload を受け取ります。

    詳細

actions

  • 型: { [type: string]: Function }

    ストアにアクションを登録します。ハンドラ関数は次のプロパティを持つ context オブジェクトを受け取ります。:

    {
      state,      // `store.state` と同じか、モジュール内にあればローカルステート
      rootState,  // `store.state` と同じ。ただしモジュール内に限る
      commit,     // `store.commit` と同じ
      dispatch,   // `store.dispatch` と同じ
      getters,    // `store.getters` と同じか、モジュール内にあればローカルゲッター
      rootGetters // `store.getters` と同じ。ただしモジュール内に限る
    }
    

    そして、第 2 引数の payload があれば、それを受け取ります。

    詳細

getters

  • type: { [key: string]: Function }

    ストアにゲッターを登録します. ゲッター関数は次の引数を受け取ります:

    state,     // モジュール内で定義されていればモジュールのローカルステート
    getters    // store.getters と同じ
    

    モジュールで定義されたときの仕様

    state,       // モジュールで定義された場合、モジュールのローカルステート
    getters,     // 現在のモジュールのモジュールのローカルゲッター
    rootState,   // グローバルステート
    rootGetters  // 全てのゲッター
    

    登録されたゲッターは store.getters 上に公開されます。

    詳細

modules

  • 型: Object

    サブモジュールを含む次のような形式のオブジェクトはストアにマージされます。

    {
      key: {
        state,
        mutations
        actions?,
        getters?,
        modules?
    
      },
      ...
    }
    

    各モジュールは、ルートオプションに似た statemutations を含むことができます。モジュールの状態は、モジュールのキーを使って、ストアのルートステートに結合されます。モジュールのミューテーションとゲッターは、第一引数としてルートステートの代わりに、モジュールのローカルステートだけを受け取り、モジュールのアクションの context.state もローカルステートを指すようになります。

    詳細

plugins

  • 型: Array<Function>

    プラグイン関数の配列は、ストアに適用されます。このプラグインは、ストアだけを引数として受け取り、外部への永続化、ロギング、デバッギングのために、ミューテーションを監視するか、または、 websocket や observable のような外から渡されるデータのためにミューテーションをディスパッチします。

    詳細

strict

  • 型: Boolean

  • デフォルト: false

    Vuex ストアを厳格モードにします。厳格モードでは、ミューテーションハンドラ以外で、 Vuex の状態の変更を行うと、エラーが投げられます。

    詳細

Vuex.Store インスタンスプロパティ

state

  • type: Object

    ルートステート、読み取り専用です。

getters

  • type: Object

    登録されているゲッターを公開します。読み取り専用です。

Vuex.Store インスタンスメソッド

commit

  • commit(type: string, payload?: any, options?: Object)

  • commit(mutation: Object, options?: Object)

    ミューテーションをコミットします。options名前空間付きモジュールで root なミューテーションにコミットできる root: true を持つことできます。詳細

dispatch

  • dispatch(type: string, payload?: any, options?: Object)

  • dispatch(action: Object, options?: Object)

    アクションをディスパッチします。options名前空間付きモジュールで root なアクションにディスパッチできる root: true を持つことできます。 すべてのトリガーされたアクションハンドラを解決するPromiseを返します。詳細

replaceState

  • replaceState(state: Object)

    ストアのルートステートを置き換えます。これは、ステートのハイドレーションやタイムトラベルのためだけに利用すべきです。

watch

  • watch(fn: Function, callback: Function, options?: Object): Function

    fnが返す値をリアクティブに監視し、値が変わった時にコールバックを呼びます。fnは最初の引数としてストアのステートを、2番目の引数としてゲッターを受け取ります。 Vue のvm.$watchメソッドと同じオプションをオプションのオブジェクトとして受け付けます。

    監視を止める場合は、返された unwatch 関数を呼び出します。

subscribe

  • subscribe(handler: Function): Function

    ストアへのミューテーションを購読します。handler は、全てのミューテーションの後に呼ばれ、引数として、ミューテーション ディスクリプタとミューテーション後の状態を受け取ります。

    store.subscribe((mutation, state) => {
      console.log(mutation.type)
      console.log(mutation.payload)
    })
    

    購読を停止するには、返された unsubscribe 関数呼び出します。

    プラグインの中でもっともよく利用されます。詳細

subscribeAction

  • subscribeAction(handler: Function)

    2.5.0 で新規追加

    ストアアクションを購読します。handler はディスパッチされたアクションごとに呼び出され、アクション記述子と現在のストア状態を引数として受け取ります:

    store.subscribeAction((action, state) => {
      console.log(action.type)
      console.log(action.payload)
    })
    

プラグインで最も一般的に使用されます。Details

registerModule

  • registerModule(path: string | Array<string>, module: Module, options?: Object)

    動的なモジュールを登録します。詳細

    options は前の状態を保存する preserveState: true を持つことができます。サーバサイドレンダリングに役立ちます。

unregisterModule

  • unregisterModule(path: string | Array<string>)

    動的なモジュールを解除します。詳細

hotUpdate

  • hotUpdate(newOptions: Object)

    新しいアクションとミューテーションをホットスワップします。詳細

コンポーネントをバインドするヘルパー

mapState

  • mapState(namespace?: string, map: Array<string> | Object<string | function>): Object

    ストアのサブツリーを返すコンポーネントの computed オプションを作成します。詳細

    第1引数は、オプションで名前空間文字列にすることができます。詳細

    第2引数のオブジェクトのメンバーには関数 function(state: any) を指定できます。

mapGetters

  • mapGetters(namespace?: string, map: Array<string> | Object<string>): Object

    ゲッターの評価後の値を返すコンポーネントの computed オプションを作成します。詳細

    第1引数は、オプションで名前空間文字列にすることができます。詳細

mapActions

  • mapActions(namespace?: string, map: Array<string> | Object<string | function>): Object

    アクションをディスパッチするコンポーネントの methods オプションを作成します。詳細

    第1引数は、オプションで名前空間文字列にすることができます。詳細

    第2引数のオブジェクトのメンバーには関数 function(dispatch: function, ...args: any[]) を指定できます。

mapMutations

  • mapMutations(namespace?: string, map: Array<string> | Object<string | function>): Object

    ミューテーションをコミットするコンポーネントの methods オプションを作成します。詳細

    第1引数は、オプションで名前空間文字列にすることができます。詳細

    第2引数のオブジェクトのメンバーには関数 function(commit: function, ...args: any[]) を指定できます。

createNamespaceHelpers

  • createNamespacedHelpers(namespace: string): Object

    名前空間付けられたコンポーネントバインディングのヘルパーを作成します。返されるオブジェクトは指定された名前空間にバインドされた mapStatemapGettersmapActions そして mapMutations が含まれます。詳細はこちら