フォームの扱い

厳格モードで Vuex を使用するとき、Vuex に属する状態の一部で v-model を使用するのは少しトリッキーです:

<input v-model="obj.message">

obj がストアからオブジェクトを返す算出プロパティ (computed property) と仮定すると、v-model は input でユーザーが入力するとき、直接 obj.message を変更します。厳格モードでは、この変更は明示的に Vuex のミューテーションハンドラ内部で処理されていないため、エラーを投げます。

それに対処するための "Vuex way" は、<input> の値をバインディングし、input または change イベントでアクションを呼び出すことです:

<input :value="message" @input="updateMessage">
// ...
computed: {
  ...mapState({
    message: state => state.obj.message
  })
},
methods: {
  updateMessage: ({ dispatch }, e) => {
    this.$store.commit('updateMessage', e.target.value)
  }
}

ミューテーションのハンドラは以下のようになります:

// ...
mutations: {
  updateMessage (state, message) {
    state.obj.message = message
  }
}

双方向算出プロパティ

確かに、上記の例は単純な v-model と ローカルステートよりもかなり冗長で、v-model のいくつかの有用な機能が使えません。代わりに、セッターで双方向算出プロパティを使うアプローチがあります。

<input v-model="message">
computed: {
  message: {
    get () {
      return this.$store.state.obj.message
    },
    set (value) {
      this.$store.commit('updateMessage', value)
    }
  }
}

results matching ""

    No results matching ""