テスト

私たちが Vuex でユニットテストしたい主な部分はミューテーションとアクションです。

ミューテーションのテスト

ミューテーションは完全に引数に依存しているだけの関数であるため、テストするのがとても簡単です。効果的なやり方として、もし ES2015 のモジュールを使っていて store.js ファイルの中にミューテーションがあるなら、デフォルトエクスポートに加えて、名前付きエクスポートでミューテーションをエクスポートできます。

const state = { ... }

// 名前付きエクスポートでミューテーションをエクスポートする
export const mutations = { ... }

export default new Vuex.Store({
  state,
  mutations
})

Mocha + Chai を使用してミューテーションをテストする例です(あなたの好きな任意のフレームワーク/アサーションライブラリを使用できます):

// mutations.js
export const mutations = {
  increment: state => state.count++
}
// mutations.spec.js
import { expect } from 'chai'
import { mutations } from './store'

// ミューテーションの分割束縛
const { increment } = mutations

describe('mutations', () => {
  it('INCREMENT', () => {
    // ステートのモック
    const state = { count: 0 }
    // ミューテーションを適用する
    increment(state)
    // 結果を検証する
    expect(state.count).to.equal(1)
  })
})

アクションのテスト

アクションは外部の API を呼び出す可能性があるため、ミューテーションのテストよりも少し注意が必要です。アクションをテストするとき、通常、いくつかの段階でモックを作る必要があります。例えば API 呼び出しをサービスとして抽象化し、そしてテストの内部ではそのサービスをモックにすることができます。簡単に依存関係をモック化するために、Webpack と inject-loader を使ってテストファイルをバンドルすることができます。

非同期なアクションのテストの例:

// actions.js
import shop from '../api/shop'

export const getAllProducts = ({ commit }) => {
  commit('REQUEST_PRODUCTS')
  shop.getProducts(products => {
    commit('RECEIVE_PRODUCTS', products)
  })
}
// actions.spec.js

// inline loader のために require 構文を使用する
// ここでは inject-loader を使って、モック化された依存関係を注入できるようにするモジュールファクトリーを返す
import { expect } from 'chai'
const actionsInjector = require('inject!./actions')

// モックによってモジュールを作成する
const actions = actionsInjector({
  '../api/shop': {
    getProducts (cb) {
      setTimeout(() => {
        cb([ /* レスポンスのモック */ ])
      }, 100)
    }
  }
})

// 期待されるミューテーションをアクションが呼び出すかをテストするためのヘルパー
const testAction = (action, payload, state, expectedMutations, done) => {
  let count = 0

  // コミットをモックする
  const commit = (type, payload) => {
    const mutation = expectedMutations[count]
    expect(mutation.type).to.equal(type)
    if (payload) {
      expect(mutation.payload).to.deep.equal(payload)
    }
    count++
    if (count >= expectedMutations.length) {
      done()
    }
  }

  // モック化したストアと引数でアクションを呼び出す
  action({ commit, state }, payload)

  // 呼び出されるべきミューテーションが残っていないか確認する
  if (expectedMutations.length === 0) {
    expect(count).to.equal(0)
    done()
  }
}

describe('actions', () => {
  it('getAllProducts', done => {
    testAction(actions.getAllProducts, null, {}, [
      { type: 'REQUEST_PRODUCTS' },
      { type: 'RECEIVE_PRODUCTS', payload: { /* レスポンスのモック */ } }
    ], done)
  })
})

ゲッターのテスト

もしゲッターが複雑な計算を行っているならば、テストコードを書く価値があります。ゲッターはミューテーションと同様の理由でテストしやすいです。

ゲッターのテストの例:

// getters.js
export const getters = {
  filteredProducts (state, { filterCategory }) {
    return state.products.filter(product => {
      return product.category === filterCategory
    })
  }
}
// getters.spec.js
import { expect } from 'chai'
import { getters } from './getters'

describe('getters', () => {
  it('filteredProducts', () => {
    // ステートをモックする
    const state = {
      products: [
        { id: 1, title: 'Apple', category: 'fruit' },
        { id: 2, title: 'Orange', category: 'fruit' },
        { id: 3, title: 'Carrot', category: 'vegetable' }
      ]
    }
    // ゲッターをモックする
    const filterCategory = 'fruit'

    // ゲッターから結果を受け取る
    const result = getters.filteredProducts(state, { filterCategory })

    // 結果を検証する
    expect(result).to.deep.equal([
      { id: 1, title: 'Apple', category: 'fruit' },
      { id: 2, title: 'Orange', category: 'fruit' }
    ])
  })
})

テストの実行

ミューテーションやアクションが適切に書かれている場合は、適切にモック化された後、テストコードはブラウザの API に直接依存関係を持つことはないでしょう。したがって、単純に Webpack でテストをバンドルでき、それを直接 Node で実行できます。別の方法として、本当のブラウザでテストを実行するためには mocha-loader または Karma + karma-webpack を使用できます。

Node での実行

以下のような webpack の設定を作成します(.babelrc もあわせて使います):

// webpack.config.js
module.exports = {
  entry: './test.js',
  output: {
    path: __dirname,
    filename: 'test-bundle.js'
  },
  module: {
    loaders: [
      {
        test: /\.js$/,
        loader: 'babel-loader',
        exclude: /node_modules/
      }
    ]
  }
}

それから下記コマンドを実行します:

webpack
mocha test-bundle.js

ブラウザでの実行

  1. mocha-loader をインストールする
  2. 上記 Webpack 設定から entry'mocha!babel!./test.js' に変更する
  3. 設定を使用して webpack-dev-server を開始する
  4. ブラウザで localhost:8080/webpack-dev-server/test-bundle を開く

Karma + karma-webpack を使ったブラウザでの実行

vue-loader documentation 内のセットアップ方法を参考にしてください。

results matching ""

    No results matching ""